政策協議に関与する党が増えたとき、国会審議は充実するか


 2014年1月31日現在。安倍首相とみんなの党の渡辺代表の政策協議が実現すると、政策に関与する勢力がひとつ増えることになります。広く話し合うことはいいことですが、問題がないわけではありません。

 従来は、政府・自民党・公明党で決めていました。みんなの党との政策協議が実現すると、政策に関与できる勢力は、政府・自民党・公明党・みんなの党と4者になります。ここで、この4者を政策に関与できるプレーヤーと呼ぶことにします。

 すべてのプレーヤーが、ある政策について賛成か反対のどちらかの態度しかとらないとき、論理的にどれだけのケースが想定できるでしょうか。2×2×2×2=16通りのケースが想定できます。表にすると以下のようになります。

政府 自民党 公明党 みんなの党
賛成 賛成 賛成 賛成
反対 賛成 賛成 賛成
賛成 反対 賛成 賛成
反対 反対 賛成 賛成
賛成 賛成 反対 賛成
反対 賛成 反対 賛成
賛成 反対 反対 賛成
反対 反対 反対 反対
賛成 賛成 賛成 反対
反対 賛成 賛成 反対
賛成 反対 賛成 反対
反対 反対 賛成 反対
賛成 賛成 反対 反対
反対 賛成 反対 反対
賛成 反対 反対 反対
反対 反対 反対 反対

 もし、みんなの党がプレーヤーに加わらなければ、ケースはこの半分になります。みんなの党が加わるだけで、一気に8ケースも加わるのです。

 これだけの可能性があるものを、すべて賛成かすべて反対にまでまとめることの労力を考えると、プレーヤー間でいったん決めたことはなかなか変えられません。となると、「全員で決めたことだから」と、国会で法案を審議する段階でなかなか譲歩できず、結果的に原案で押し通す場面が出てくるかもしれません。

 もちろん、柔軟かつ迅速に合意をまとめることができ、より国会審議が充実する可能性もありますが、国会審議が硬直化する方向にいく可能性もなくはないのです。


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.