投稿者「ryoichiinaba」のアーカイブ

福井衆議院議員の強行採決発言は何が問題か

2016年10月1日現在。自民党の福井照衆議院議員が9月29日、所属する二階派の会合で「TPP特別委員会で強行採決できるよう頑張る」という趣旨の発言をして問題になっています。

強行採決というのは、与野党間の合意なく審議を打ち切り、採決してしまうことです。なぜ裁決を急ぐことが問題になるかというと、採決したら与党案が通るに決まっているからです。普通、与党は野党よりも数が多いから与党なので、当然です。

国会は話し合うための機関であり、単に採決するだけの機関ではありません。話し合わなくてもいいのなら、国会は無駄です。選挙で多数派を決めるだけでいいことになります。だから、強行採決は非難されるのです。

と、ここまでが原則の話です。ここまでに述べたイメージ通りの強行採決ばかりではありません。

完全に与野党が対決している案件の場合、採決になったら与党案が通るに決まっているので、野党としては採決に応じるわけにはいきません。ですから、いつまでたっても採決に入れないという状況に陥ります。野党の合意を得ない採決は強行採決になるからです。

しかし、国会には会期末という期限があり、会期末までに採決できない案件は最悪廃案となってしまいます。廃案になると今まで審議したことは全てなかったことになるので、仕方なく与党が強行採決に踏み切るという場合もありえます。

福井さんはTPP特別委の審議もこのような状態になると思って強行採決すると言ったのかもしれませんが、審議が始まってもいないのに言うことではありません。

しかも、福井さんは同特別委の理事で、野党と話し合って審議日程を決める立場でした。それなのに最初から強行採決すると言ってしまっては、野党の反発がないわけがありません。

だから、与野党問わず批判されているのです。

Posted from するぷろ for iPhone.

第192回国会、召集

2016年9月26日現在。第192回国会(臨時会)が召集されました。本日行なわれた安倍首相の所信表明演説を受け、明日から衆議院の代表質問が行われます。

その後は補正予算案の審議に入ります。日本銀行の新しい金融政策の枠組みが発表されて間もないので、金融政策と財政政策についての議論が行われるのではないかと思います。

Posted from するぷろ for iPhone.

私の政治楽史4

 村山内閣のあとに成立したのは橋本内閣です。

 3年ぶりの自民党議員による内閣でした。省庁再編のような、かなり思い切った行政改革をしましたが、当時はあまり印象に残っていませんでした。しかし、この改革により今のような総理大臣がトップダウンで物事を決めていく官邸主導の政治への道を開きました。

 あと、消費税が5%になりました。たしか、自動販売機の缶ジュースの値段が110円から120円になったのもこの時期だったような気がします。
 ちなみに、消費税5%を決めたのは前の村山内閣でした。

 年表を見ると、消費税をあげたあと、どんどん金融機関が潰れていますね。

年表
1996年 村山富市内閣総辞職
    橋本龍太郎内閣発足
    羽生善治氏、七冠達成
    菅直人厚生大臣、薬害エイズ事件で血友病患者に謝罪
    腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒が発生
    民主党結成
    第41回衆議院議員総選挙
    第二次橋本内閣発足
    在ペルー日本大使公邸占拠事件発生

1997年 神戸連続児童殺傷事件
    消費税3%から5%に
    日産生命保険が破綻
    宮﨑駿監督作品「もののけ姫」が劇場公開
    ヤオハン倒産
    京都共栄銀行破綻
    三洋証券破綻
    北海道拓殖銀行破綻
    山一證券破綻
    徳陽シティ銀行破綻
    丸荘証券自己破産
    新進党解党
    

政府が北方領土の2島返還を最低条件とする方針との報道

2016年9月23日現在。政府がロシアとの領土交渉で、北方領土の歯舞群島と色丹島の2島の返還を最低条件とする方針であるとの報道がありました。

どういう経緯かはわからないのですが、11月と12月の安倍首相とロシアのプーチン大統領の会談を通じ、ロシアとの間で結ばれていなかった平和条約締結に向けて進展があるとの報道がここ最近あります。

さらには、「北方領土問題で進展があるので、来年1月に衆議院を解散するのでは?」という見方もでています。

どれだけ確度のある情報なのかわかりませんが、面白そうな話です。

Posted from するぷろ for iPhone.

参議院内閣委員長人事で自民と民進が争い

2016年9月22日現在。参議院内閣委員会の委員長のポストを巡って自民党と民進党が争っているとの報道がありました。

現在は内閣委員会の委員長は民進党から出していますが、自民党は「国民生活に密接に関わる委員会なので委員長を自民党から出したい」と主張しているとのこと。

内閣委員会など、参議院の常任委員会は17あります。うち11の委員長を自民党、4つを民進党、2つを公明党が出しています。

仮に全ての常任委員会の定数が同じ場合(参議院定数242÷常任委員会17≒14)、現在の各党の議席数を17で割ると全ての常任委員会で与党が定数の過半数を占める(自民公明147÷常任委員会17≒8)ので、理屈から言えば全ての常任委員会の委員長を与党がとっても文句は言えません。

しかし、慣例により委員長ポスト自体は各党の議席数に応じて配分されるため、野党も委員長を出せるのです。慣例というのは何によって担保されているかというと、与党の譲歩以外にありません。

これも野党の苦しいところです。

Posted from するぷろ for iPhone.

秋の臨時国会 所信表明演説から代表質問の間隔を空けず

2016年9月21日現在。26日に召集される臨時国会冒頭のスケジュールが決まりました。26日に首相の所信表明演説。翌27日から28日まで衆議院の代表質問。28日から29日までが参議院の代表質問です。

慣例では、所信表明演説から1日空けて衆議院の代表質問になるのですが、今回は連日になります。

昨年は臨時国会が召集されませんでしたが、一昨年とその前の年も1日空けていないので、臨時国会は慣例にとらわれなくなったのかもしれません。

あるいは、自民党の二階幹事長が政府の意向を押し切って民進党の代表選が終わった後に臨時国会を召集する日程を実現させたので、野党側も譲歩したのかもしれません。

Posted from するぷろ for iPhone.

民進党代表「批判だけでなく新しい選択肢を示す」

2016年9月20日現在。民進党代表の蓮舫参議院議員が都内の街頭演説で、「安倍政権を批判するだけでなく、新しい選択肢を提案していく」という主旨の発言をしたとの報道がありました。

批判ばっかり、というのはよくある野党に対する批判ですが、批判は野党ができる数少ない仕事のひとつなので仕方がありません。議事妨害についてもそうです。野党の議事妨害の意義については以下の記事をご参照ください。

足を引っ張るのが野党の仕事

批判するということは政府与党の政策に不満があるということです。不満があるということは、「ここが違う」という部分があるわけです。

そして、ここが違うという場合、以下のいずれかを要求することになります。
・この部分をこう変えろ!
・今までと違うことするな!

つまり、批判する時点で何らかの提案はなされているわけです。

あとはその提案に実現可能性があるかということもありますが、それよりなにより、その提案が支持者の望むものなのかというところが問題です。

提案力もいいですが、自党の支持者が本当に何を望んでいるのかを見極めることも大事なことです。

Posted from するぷろ for iPhone.

民進党の政調会長に大串氏との報道

 2016年9月19日現在。民進党の新しい政策調査会長に大串博志衆議院議員を充てる方針だとの報道が出ました。

報道によると、大串さんは財務省出身で、税財政に精通しているとのこと。

新幹事長の野田前首相は消費税増税に政治生命をかけた方です。野田さんの信念は本物です。自身のだけでなく、仲間の政治生命も一緒にかけてしまったのですから。

今後、野田さんの執念である財政再建を実現する政策を大串さんがとりまとめていくと思われます。

Posted from するぷろ for iPhone.

民進党の新国対委員長に山井氏との報道

 2016年9月18日現在。民進党の新しい国会対策委員長に山井和則衆議院議員を充てる方向で調整しているという報道が出ました。

 山井さんというと、厚生労働委員会の野党筆頭理事として苦労していたイメージがあります。山井さんが苦労した事例を以下の記事に書いています。

 ちなみに、委員会の理事というのは委員会のスケジュールの調整や取り扱う議題について話し合う人たちです。筆頭理事は与党と野党のそれぞれの理事の代表です。

厚労委の30分・1

厚労委の30分・2

厚労委の30分・3

民進党の新幹事長に野田前首相

 2016年9月17日現在。政権交代後、表舞台に出てこなかったあの人がついに帰ってきました。
 私の野田前首相の評価は以下の記事をご参照ください。

なぜ11月16日まで解散しなかったのか?:責任感

なぜ11月16日まで解散しなかったのか?:周囲の不同意

なぜ11月16日まで解散しなかったのか?:世論

なぜ11月16日まで解散しなかったのか?(完):解散した理由

Posted from するぷろ for iPhone.