LAMY pico


なにかを書くための手帳として、モレスキンを日々持ち歩いています。

手帳だけ持っていても何もできないので、ペンも一緒に持ち歩いています。

今年(2012年)の1月から持ち歩いているのが、LAMY picoです。

このペンは伸び縮みするペンで、ペン先の収納時の長さがちょうどモレスキンのポケットサイズの横の長さとピッタリになります。

IMG_1003

そうするとモレスキンの表紙についているゴムバンドに引っ掛けて持ち運ぶことができ、ペンの携帯に困ることがありません。

夏のように薄着になる時期はペンをどのように持ち運ぶのか悩むので、手帳と一体となって持ち歩けるのは大きな魅力でした。

ただ、私の書き方が悪いのか、セミナーなどで長い間書いていると肝心なところで必ずインクが出なくなります。普通のボールペンより短いぶん、picoの芯も短いので消耗が早いというのもあるのかもしれません。

セミナーなどの際は別にペンを用意するか、picoの替え芯を常にストックすることでインク切れ/インク詰まりの対処をする必要がありますね。他のボールペン用の替え芯を使えるようにするのも面白いかもしれません。


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.