野党は2月28日採決反対で一致、正常な採決は難しい見通し


■野党は月末採決に反対

 2014年2月26日現在。昨日の衆議院予算委員会は中央公聴会が開催されました。公聴会はおよそ6時間ほど行われました。

 また、昨日は野党7党の国会対策委員長が会談し、与党が目指す予算案の2月28日採決に反対することで一致しました。与党が目指す採決予定日まで、あと3日というところで与党対野党の構図が鮮明になりました。強行採決は避けられないのではないかと思います。

 NHK NEWSWEBによると、野党7党の内訳は「民主党、日本維新の会、みんなの党、共産党、結いの党、生活の党、社民党(NHK NEWSWEB『野党 予算案の28日衆院通過反対で一致』2月25日 22時02分)」ということなので、ほぼ全野党です

■与党のみで採決を決めると強行採決に

 委員会で採決するには、原則として理事会で採決することを決定しなければなりません。そして、理事会の決定は原則、全会一致です。多数決になったり、委員長の職権で決めたりするような場合は採決を強行することになるため、「強行採決」となります。また、理事会で諮らずに、委員会で質疑している最中に質疑を終局する動議を提出し、不意打ちで採決する場合もあります。

スクリーンショット 2014 02 25 07 30 26


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.