もっと楽しく政治の話をするための国会のルール4


議案の提出

 ここまでは学校で習ったことのある部分だったので馴染みがある部分もあったと思います。ここからは、学校であまり詳しくやらない部分に入ります。国会の審議のルールです。

 国会で審議されるのは主に法案、予算、条約の承認についてです。このうち、予算と条約は内閣のみが提出します。予算編成をする権限と条約を締結する権限は内閣にあるからです。

 法案については、内閣と国会議員が提出できます。内閣の法案は、各省庁が政策を遂行するために作成したものです。法案を作成しているのは官僚ですが、作成過程で与党議員と事前に話し合いながら作成することもあります。自民党が政権与党であるときは、自民党内の政務調査会という機関で官僚と議論して法案が作成されています。官僚が作成した法案は、内閣法制局の審査のあと、閣議決定されて国会に提出されます。成立する法案のほとんどが内閣提出法案です。

 国会議員は「法律を作るのが仕事」といわれることもあり、当然法案を提出できます。しかし、国会議員は自由に法案を提出できるわけではありません。衆議院では、法案の提出者の他に、賛成者が20人必要です。さらに、法案が新たに予算が必要なものであった場合は賛成者が50人必要です。参議院は議員の数が衆議院と違うので必要な賛成者の数も違います。予算が必要ない法案は賛成者が10人必要で、予算が必要な法案は賛成者が20人必要です。

20190922法案提出要件

 衆議院では、議員の数が21人以上の会派であれば、会派主導で法案を提出することができますが、議員数が20人以下であれば法案を提出することはできません。会派に所属しない議員など、絶対法案を提出することができません。

 衆議院ではこの他に、法案提出には提出者が所属する会派の「機関承認」が必要です。所属会派の許しがなければ法案を提出できないのです。国会議員が多数いる会派所属の議員でも、会派の主流派と違う独自の発想の法案を提出しようとしたら、所属会派の他の議員を説得しないと法案を提出できません。国会議員が法案を提出するのは非常に高いハードルがあります。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください