20181008 8k国会中継待望論


今日、NHKの番組で次世代の8kテレビの紹介番組をやっていました。

番組では、相撲や陸上、フィギュアスケートやサッカーなどが取り上げられていました。サッカーでは、選手の目線を追えたり、アメリカのアメフトの放送では特定の選手の目線すら体験できるのだとか。

そういうことを聞くと、国会中継も是非8k対応してほしいと思います。

視点も、今の質問者と答弁者中心でなく、傍聴席まで引いて撮影したり、演壇や議長席の視点で見られたりするといいです。

きっと、与野党対決法案の委員会採決などは圧巻でしょう。委員長席から見る、詰め寄る野党議員の迫力や、野党議員から見る委員長の原稿を奪って破りさるさまを疑似体験するのは気持ちがいいのではないでしょうか。

是非実現してほしいです。

また、演壇に質問者や答弁者だけではなく有権者もいるかもしれないと思えば、品のない野次も減るのではないでしょうか。

Posted from するぷろ for iPhone.


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください