2018」カテゴリーアーカイブ

20181009次の臨時国会は初入閣した大臣の国会デビューでもある


今月下旬に召集される見通しの臨時国会は、内閣改造で初入閣した大臣の答弁デビューの舞台でもあります。

補正予算案の審議があるので、全閣僚が勢ぞろいする予算委員会の質疑が主戦場になりそうです。

Posted from するぷろ for iPhone.


20181008 8k国会中継待望論


今日、NHKの番組で次世代の8kテレビの紹介番組をやっていました。

番組では、相撲や陸上、フィギュアスケートやサッカーなどが取り上げられていました。サッカーでは、選手の目線を追えたり、アメリカのアメフトの放送では特定の選手の目線すら体験できるのだとか。

そういうことを聞くと、国会中継も是非8k対応してほしいと思います。

視点も、今の質問者と答弁者中心でなく、傍聴席まで引いて撮影したり、演壇や議長席の視点で見られたりするといいです。

きっと、与野党対決法案の委員会採決などは圧巻でしょう。委員長席から見る、詰め寄る野党議員の迫力や、野党議員から見る委員長の原稿を奪って破りさるさまを疑似体験するのは気持ちがいいのではないでしょうか。

是非実現してほしいです。

また、演壇に質問者や答弁者だけではなく有権者もいるかもしれないと思えば、品のない野次も減るのではないでしょうか。

Posted from するぷろ for iPhone.


20181007ペーパーレスと国会


今朝の読売朝刊に、国会のペーパーレス議論が紹介されていました。

ペーパーレスは経費削減や審議時間の効率化というメリットがありますが、一方で審議の効率化は法案成立を目指す与党に有利であるため野党が難色を示しているそうです。

野党がペーパーレスになってほしくない例として紹介されていたのが、衆議院の内閣不信任決議案です。記事によると、内閣不信任決議案を全衆議院議員分印刷するのに2時間かかるのだとか。

内閣不信任決議案の採決は衆議院の最優先事項であるために、内閣不信任決議案の採決が終わらない限り他の法案の審議はすべてストップします。印刷のために必要な2時間は、決議案を提出したあと必ず国会が止まる2時間なのです。

Posted from するぷろ for iPhone.


20181006日本国憲法改正案提出の方法


今朝の日経新聞朝刊に、日本国憲法改正案の提出方法について書かれた記事がありました。

それによると、改憲案提出には2つの方法があるそうです。
ひとつは、衆議院で100人以上、または参議院で50人以上の賛成で改憲原案を議員提出して憲法審査会で議論する方法です。
もうひとつが、憲法審査会の委員が原則、全会一致で改憲原案を国会に提出する方法です。

憲法審査会の委員の人数は、衆議院で51人、参議院で45人であるため、憲法審査会経由で提出するほうが賛成者の人数のハードルが低そうです。

なぜ憲法審査会経由のほうがハードルが低いかというと、憲法審査会をはじめ国会の委員会は与党だけでなく野党の議員も議席に応じて委員となるためです。憲法審査会で全会一致になるということは、与野党ともに改憲案の発議に賛成しているということになるのです。


20181005与党協議が見送られるとはどういうことか


日本国憲法改正案を国会に提出する前に、与党である自民党と公明党で協議することについて、公明党が難色を示しているという報道があります。事前の与党協議はないかもしれません。

与党協議がされないといことは、自公の実質的な議論を国会で行うということです。事前に協議すること比べて、協議しない場合は改正案が原案の通り発議に至るかどうかは不透明になります。自民党は連立を組んでいる公明党の意向を無下にできないからです。

そのかわり、国会で与党の議論が交わされることで与党内の議論が国民に対してオープンになるメリットがあります。

Posted from するぷろ for iPhone.


20181004当選3回で大臣


今回法務大臣になった山下大臣は当選3回の衆議院議員です。

この間紹介した入閣待望組便覧は、衆議院当選5回以上、参議院当選3回以上の議員を入閣待望組としているため、山下さんはかなり早く入閣しています。

Posted from するぷろ for iPhone.


20181002「第4次」と「改造」の意味


第4次安倍改造内閣が発足しました。

改造というのは、総理大臣以外の大臣の顔ぶれを変えることです。

頭の第4次というのは、総理大臣が何回国会から首班指名を受けたかという回数です。

安倍総理は2006年、2012年、2014年、2017年の合計4回首班指名を受けているので「第4次」となります。

つまり、2017年の総選挙後第4次安倍内閣が発足し、今日、大臣以外の顔ぶれ変える内閣改造があったため、新しい内閣を第4次安倍改造内閣と呼ぶわけです。

Posted from するぷろ for iPhone.


20181001沖縄県知事選与党系候補敗れる


昨日9月30日に投開票された沖縄県知事選は、翁長前知事の路線を継承する玉城デニー前衆議院議員が当選しました。自民党などが擁立した佐喜眞淳元宜野湾市長は次点で敗れました。

佐喜眞元市長の辞職に伴って行われた宜野湾市長選は自民党が擁立した候補が勝利していますが、票差が五千票あまりという接戦なので、なんとも言えません。


20180930解釈の楽しみ


政治を楽しむことは、政治現象を解釈することであると思います。

解釈とはどういうことかというと、ある表現を見て、聞いて、それが何を意味しているのかを、時間を前後して確かめることだと思います。

自分なりにある出来事とある出来事の関連が見つけたときや、人から教えられた時によろこびを感じるのが楽しいんだと思います。

Posted from するぷろ for iPhone.


20180929内閣改造の友


内閣改造が3日後にせまっています。

内閣改造を楽しむための冊子があります。

入閣待望組便覧という同人誌で、平成28年版がkindleにあります。

衆議院当選5回以上、参議院当選3回以上の自民党国会議員について、名前と経歴、得意な政策分野、そして、3人のコメンテーターによる○△×の入閣可否判定とコメントが記載されています。このコメントが身もふたもない感じで面白いです。

Kindle Unlimitedにも入ってるので興味のある人は是非読んでみてください。

https://www.amazon.co.jp/平成28年入閣待望組便覧-政権構想研究会-ebook/dp/B01MTMBZWX/ref=mpsa11?__mkjaJP=カタカナ&qid=1538223785&sr=8-1&pi=ACSX236SY340_QL65&keywords=入閣待望&dpPl=1&dpID=51LJxiYUNvL&ref=plSrch

Posted from するぷろ for iPhone.