カテゴリー別アーカイブ: 民進党

民進党代表「批判だけでなく新しい選択肢を示す」

2016年9月20日現在。民進党代表の蓮舫参議院議員が都内の街頭演説で、「安倍政権を批判するだけでなく、新しい選択肢を提案していく」という主旨の発言をしたとの報道がありました。

批判ばっかり、というのはよくある野党に対する批判ですが、批判は野党ができる数少ない仕事のひとつなので仕方がありません。議事妨害についてもそうです。野党の議事妨害の意義については以下の記事をご参照ください。

足を引っ張るのが野党の仕事

批判するということは政府与党の政策に不満があるということです。不満があるということは、「ここが違う」という部分があるわけです。

そして、ここが違うという場合、以下のいずれかを要求することになります。
・この部分をこう変えろ!
・今までと違うことするな!

つまり、批判する時点で何らかの提案はなされているわけです。

あとはその提案に実現可能性があるかということもありますが、それよりなにより、その提案が支持者の望むものなのかというところが問題です。

提案力もいいですが、自党の支持者が本当に何を望んでいるのかを見極めることも大事なことです。

Posted from するぷろ for iPhone.

民進党の政調会長に大串氏との報道

 2016年9月19日現在。民進党の新しい政策調査会長に大串博志衆議院議員を充てる方針だとの報道が出ました。

報道によると、大串さんは財務省出身で、税財政に精通しているとのこと。

新幹事長の野田前首相は消費税増税に政治生命をかけた方です。野田さんの信念は本物です。自身のだけでなく、仲間の政治生命も一緒にかけてしまったのですから。

今後、野田さんの執念である財政再建を実現する政策を大串さんがとりまとめていくと思われます。

Posted from するぷろ for iPhone.

民進党の新国対委員長に山井氏との報道

 2016年9月18日現在。民進党の新しい国会対策委員長に山井和則衆議院議員を充てる方向で調整しているという報道が出ました。

 山井さんというと、厚生労働委員会の野党筆頭理事として苦労していたイメージがあります。山井さんが苦労した事例を以下の記事に書いています。

 ちなみに、委員会の理事というのは委員会のスケジュールの調整や取り扱う議題について話し合う人たちです。筆頭理事は与党と野党のそれぞれの理事の代表です。

厚労委の30分・1

厚労委の30分・2

厚労委の30分・3

民進党の新幹事長に野田前首相

 2016年9月17日現在。政権交代後、表舞台に出てこなかったあの人がついに帰ってきました。
 私の野田前首相の評価は以下の記事をご参照ください。

なぜ11月16日まで解散しなかったのか?:責任感

なぜ11月16日まで解散しなかったのか?:周囲の不同意

なぜ11月16日まで解散しなかったのか?:世論

なぜ11月16日まで解散しなかったのか?(完):解散した理由

Posted from するぷろ for iPhone.